ドラレコを付けたら是非「ドライブレコーダー録画中」のステッカーを貼りましょう

ドライブレコーダー前後録画中

みなさんがドライブレコーダーを愛車に取り付ける目的はなんでしょうか?

万が一の事故の時の保険、車載動画の撮影、決定的瞬間を撮るため... 色々な理由があると思います。私も基本的には事故の際の証拠映像を残すために設置しています。

が、私が声を大にして主張したいのは、ドライブレコーダーは「危険な運転をする他車への牽制の役割を果たす」という点です。

誰しも経験するだろう「煽られ」

車を運転する人なら誰でも一度は経験するであろう他車からの迷惑行為が恐らく「煽り運転」だと思います。

前方の交通の流れに乗って走行しているのに、後ろから来た車が追突寸前まで距離を詰めてくる、後ろで蛇行運転を繰り返す、レベルの高いのだと「クラクションを鳴らす」「パッシングを連発する」、もっとヤバイのだと「あまりにも(制限速度に対して)ゆっくり走っているので追い越したら、癪に障ったのか急にスピードを上げて煽ってきた」なんてのも居ますよね。

また、もし追い越し禁止区間でそういったことをされても、煽られる側としてはどうしようもないですし、更に酷いのだと片側2車線の追い越し車線がある道路なのに、右車線で追い越さずに後ろにピッタリくっついて延々煽り倒すような輩も存在します。

対向車線の交通量が少ない郊外・峠道なんかでは、おとなしく左にウインカーを出して道を譲るのが一番面倒を起こさないやり過ごし方ですが、実際の交通状況では、なかなかそうもいかない場面のほうが多いのが実情かと思います。

 

煽り運転ドライバーの心理

では、迷惑な煽り運転にはどのように対応すればよいのでしょう?

ネットでの意見を見ていると「わざとスピードを30kmくらいに落として牛歩戦術」「相手に合わせてスピードを上げて絶対抜かさせない」、過激なものでは「オービス寸前まで加速して付いてきたのを確認して手前で減速して譲る」なんてのもありました。

確かに煽られるとイラッとしますが、基本的にはこれらの行為は「相手を余計に苛立たせるだけ」の火に油を注ぐ行為であり、最悪、事故や事件に発展しかねません。

先日東名高速道路で発生した、煽り運転が原因の追突死亡事故は記憶に新しいところですよね。

あの事件も、もし「煽られたほうにドライブレコーダーが搭載してあれば」、事故の原因はもっと早くに究明されていたはずです。そして「後方車両に対してドライブレコーダーが録画中であることを明示してあれば」、もしかしたら事故自体が起こらなかったかもしれません。

 

煽り運転をするドライバーは、そのほとんどが「時間に追われて急いでいる」わけではなく、公道で自分の前を走っている車両がいるのが気に食わないだとか、同乗者にいいカッコがしたいだとか、自分の中だけの制限速度に前車が達していないだとか、大抵ろくでもない理由であることが大概です。

そういうドライバーに対して対応意識を燃やして反応したところで、余計なトラブルの種を蒔くだけで、こちらは何も得をしませんよね?

 

印籠「ドライブレコーダー録画中」

さて、そういった類の煽り運転ドライバーが一番嫌う行動はなんでしょうか?

これは私の持論ですが、それは「自分の顔・車種・ナンバーなどを誰かに記録されること」だと思っています。

まあ、煽り運転をする時点で、当人には少なからず後ろ暗いことをしているという自覚があるわけですから(極稀に、それが全く通用しない本当にヤバイ人もいますが)、「その行為の瞬間を他人に記録される」ということをとても嫌がるんですね。

お店にある防犯カメラだとか、窓やドアなどに貼ってある警備会社のステッカーのような「自衛策」と同じ理屈です。

 

さて、近年ドライブレコーダーを搭載する車は増加の一途を辿っており、すれ違う車のフロントガラスを見ても、約10台に1台はドライブレコーダーを使っている印象があります。

しかし、最近の車のほとんどはリアウィンドウがスモークガラスのため、後続車両には前方車両がドライブレコーダーを搭載しているかどうかが、分かりづらくなってしまいます。

そこで、後ろの車両に対して「録画していますよ」ということを、ステッカーなどで表示することで、煽り運転などを行う迷惑なドライバーへの牽制が可能になる、ということです。

ステッカーは市販されています…が

Amazonにはこんな感じの「ドライブレコーダー録画中」ステッカーが数多く販売されています。

がしかし、通勤・通学など決まった道を走るとき、近場のみ走行する場合など、状況的にこういった大仰なステッカーを貼りたくないという時や、車にステッカーを貼り付けたくないという方も多いと思います。

そこでオススメしたいのが「ステッカーのマグネットシート貼付」です。

こういったタイプのカット可能なマグネットシートにステッカーを貼り付けて、そのサイズに合わせてカットするだけで、貼り付け・取り外しが簡単に行えるタイプに加工できます。

必要なときだけ貼り付ける、マグネットタイプの初心者マークと同じ原理ですね。

こうすることで、一度貼ったら位置も変更できない上、取り外すこともできないステッカーとは異なり、例えば遠出をするときだけや慣れない道路を走る時など、本当に必要な状況のみ使用できるようになります。

それすらも面倒だという人には、

こちらのように最初からマグネットシートに加工されているタイプも販売されていますのでこちらを選んでもよいかと。

ただし、マグネットシートタイプはデザインのバリエーションが少ないため、自分が気に入ったデザインのものがあれば、そちらを加工するほうが良いかと思います。

さらに一歩進んで

私の場合、前方に加えて後方録画も同時に出来るドライブレコーダーを使用しているため、出来ることならそのことをしっかりと周知したいと思いました。

しかし、市販品には「後方録画中」とはあっても「前後録画中」といった表記のものが無く、後方録画中ステッカーもデザイン的に気に入ったものがありませんでした。

そこで、ここまでやるならもうステッカー自体を作ってしまうほうが早いのではないかと考え、セキュリティステッカーを作っている方に依頼して、新規にデザインを起こして発注することにしました。

ドライブレコーダー前後録画中

そんな時、みんカラを見ていたところ、とても好みのデザインを発見しました。

調べたところ、個人の方が作成しているもので、オリジナルステッカー工房 SheetMagicというサイトで製作・販売されているものでした。

こちらではステッカーに使用する「カッティングシート」の素材、フォントの種類・ステッカーのサイズなど、非常にこだわり感が強くカスタマイズ性の高いステッカーを作製されており、こちらの要望にも柔軟に応じていただけるようで、仮デザイン画像などを送っていただきながら数回メールでやり取りし、上の写真のようなステッカーを作っていただきました。

私の場合、黒色のマグネットシートに貼り付けることを前提で、コントラスト的に目につきやすい赤色で「前後方向常時録画中」と表示し、ほかは黒抜きになるようにオーダーしたところ、非常に満足度の高いステッカーが完成しました。

ちなみに車の形状は見てお分かりのように私の愛車「DJ系デミオ」で、こちらは先方で新たにデザインを起こして切り出していただきました。凄い!

更に言うと前後の車もマツダの「NC系ロードスター」「BL系アクセラ」で、こちらは注文の際、特にこちらで言及しなかったのですが、先方のご好意でしっかりとマツダ車で統一してありました。

価格は使用するカッティングシートの素材・色・サイズで変わりますが、おおよそ送料込み1500円から、私の場合は2色切り出し・長辺13cmで2,500円でした。

カッティングシートは頑張ればDIYで切り出すことも出来ますが、文字の細かいところのカットやらアプリケーションシートの転写やら非常に面倒なことを考えると、とてもお得な買い物だったと思っています。

こだわりのあるドライバーの方は、是非SheetMagic様の製品も検討してみてください。

 

効果の程は

Amazonなどでもレビューで語られているように、こういった類のステッカーを貼っていると、煽られる頻度が目に見えて減少します。車の流れに乗って走っているのにもかかわらず、ピッタリと隙間なくくっついてくるような車でも、ステッカーに気づいた瞬間に、スーッと車間距離を開けていくのは正直快感です(笑)。

また、駐車中も録画中であることを表示することで一定の防犯効果もあるのではないかと思っています。ただしマグネットシートなので、簡単に剥がされて盗まれる可能性もありますから、あまり付けたまま長時間離れることはないのですが。

 

自衛の手段としてのドライブレコーダーですが、更に一歩進んだ「牽制」として「ドライブレコーダー搭載車のステッカー」の費用対効果は高いと思います。ドライブレコーダーを使用されている方にはおすすめです。

また、合わせて前方だけでなく後方も録画できるドライブレコーダーを使用することも、万が一の時の保険と煽り防止の観点から、非常におすすめです。