PENTAX K-1がアップグレードサービスでK-1 Mark IIになりました

K-1 markii top

1世代前の一眼レフカメラのメイン基盤を丸ごと交換して、新しいモデルと同等にする。

そんな前代未聞のサービスが発表されたのが、PENTAX K-1 Mark IIが発売される直前の2018年2月のことでした。

そのサービス発表から早7ヶ月。ようやく私のPENTAX K-1もK-1 Mark IIへ進化しましたので、アップグレードサービスの仔細などを書き記しておこうと思います。

続きを読む

【産業遺産】旧北炭清水沢火力発電所を見学してきました

清水沢火力発電所トップ

明治から昭和まで、北海道の各地では大量の良質な石炭を掘り、北海道、ひいては日本の近代化を支えました。

戦後、石油への転換という国策により、今ではそのほとんどが廃鉱となり、かつては多くの人で賑わった鉱山都市は人口が激減し、行政区分としては「市」なのに、人口が10000人を下回る自治体もあります。

北海道中央部に位置する夕張市もその一つで、かつて石炭で栄え11万人を誇った一大産業都市の人口は、最盛期の1/10以下、9000人を割り込んでいます。

今回、その石炭の街を支え続けた「北炭清水沢火力発電所」のガイド見学がある事を知り、行ってきました。

続きを読む

北海道胆振東部地震に伴う大停電で役立ったもの、あったら良かったもの

停電対策グッズトップ

今回の大地震、そしてそれに伴う北海道全戸に起きた大停電。

私も震度7を記録した震源地である厚真町の隣接自治体(直線距離で20kmくらいしか離れていません)に住んでおり、今回の地震では6弱の揺れ、その後おおよそ30時間にわたる長時間の停電を経験しました。

幸い、この記事を書いている現在(9月7日14時)では自宅・勤務先共に、電力・水道が復旧し、なんとか日常が戻りつつあります。

しかし未だに断水・停電が継続している地域も多く、また、数日以内は本震と同程度の余震が起こる可能性も高いため、予断は許さない状況にあります。

今回の停電は確かに色々と大変でしたが、私は趣味(登山・釣り・ロードバイク)の延長で色々なグッズを所持しており、それが今回のような事態の時に非常に役立ちました。

今回の記事では自分自身への備忘録として、また万が一こういったことが起こった場合への備えのためとして、私が持っていたもので便利だったもの、またこれが有ったら良かったと思うものを列挙して、記載しておこうと思います。

続きを読む

究極のチェーン潤滑剤 CERAMIC SPEED UFO DRIPを使ってみました

UFO DRIPトップ

ロードバイクのチェーンオイル。

グリス同様「最適解」というものが存在せず、しばしば論争を引き起こす、ロードバイク用ケミカルの筆頭です。

そして先日、アメリカのCERAMIC SPEED(セラミックスピード)社から、まったく新しいチェーンオイル*1が発売されました。

それが、チェーンを「コーティング」する、という新しい概念の「UFO DRIP(ユーエフオー・ドリップ)」です。

180ml入りのボトルの価格はなんと8,300円。1mlあたり46円、1リットルになおすと46,000円です。フィニッシュラインの一般的な製品の約6倍のお値段です。

ちなみに、人間の輸血用血液の価格が1リットル45,000円らしいですから、それとほぼ同じ価格ということになります。

というわけで、血液と同じ値段のこのコーティング剤を使ってみました。

*1:厳密にいえばオイルではありませんが

続きを読む

MAVIC コスミックプロカーボン SL USTを海外通販で入手・レビュー

コスカボUSTトップ

正直に言うと、私は今まで、MAVIC(マヴィック)のホイールはあまり好きではありませんでした。

重量の公差も大きいし、日本国内だと価格もべらぼうに高いし、カラーリングも自分のバイクと合わない黄色いのばっかり…

しかし、2017年にMavicから発表されたチューブレスタイヤの統一規格(1年経っても全然統一出来ていませんが)、UST(Universal System Tubeless)は、今までのチューブレスの扱いづらさを可能な限り消し、その手軽さと乗り心地の高さから評判になっており、以前からチューブレス化に興味があった私も「ちょっと良いかも…」と思い始めていました。

そんな折、いつものように海外通販を眺めていたところ、スイスのBellati Sport(ベラチスポーツ)という小さな通販サイトで、Mavic USTを搭載したホイールが非常に安く売られているのを発見。

しかもたまたま年度末の残業代や手当などで手元に買えるだけのお金があったため、「そろそろホイールもグレードアップしたかったし」と自分を誤魔化して買ってしまいました。

続きを読む

MacBook Pro 2018 15インチにWraplus スキンシールを貼り付ける

スキンシールトップ

以前に使っていたMacBook Pro Mid 2015で使っており、その精度の高さと耐傷性から大変気に入っていたWraplus(ラップラス)のスキンシール。

先日発売になり購入した、新しい2018年モデルの15インチMacBook Proでも、2016年モデル〜用のものが使用できるようだったので、今回は2018年MBPにWraplusスキンシールを取り付けてみました。

続きを読む

【DJデミオ】やっと出たBOSCH アエリストプレミアム エアコンフィルターに交換

エアコンフィルタートップ

先日、1年前に書いたデンソー製エアコンフィルターの記事のコメントで、DJ系デミオ用のBOSCHのエアコンフィルター、「アエリストpremium」が発売になりましたよ!」と教えていただきました(Massanさん、情報提供ありがとうございます!)。

というわけで、前回のエアコンフィルター交換から1年以上経っており、次回交換の走行距離も超えていることから適正な交換時期と判断、早速注文してみました。

続きを読む

2018年モデルの15インチMacBook Proを(ほぼ)特盛で買ったのでMid 2015と比べてみた

MBP2018top

2018年6月のWWDCではなんの発表も無く、おそらく今年は出ないと思われていた新型MacBook Pro。それがなんと、7月の中旬に突如発売されました。

初出となるような目新しい機能はなく、ぶっ飛ぶような大きな進化もないものの、CPUが6コアの第8世代Intelを搭載、メモリがとうとう最大32GBまで搭載可能という、順当なモデルチェンジといったところでしたね。

私も今使っているMacBook Proが2015年のモデルで、写真の処理やゲームなどがかなり重たいため、流石にそろそろ買い替えたいな、今年発売されたら買おうかな…と考えていたので、発売されたばかりのこのタイミングで新型MacBook Proへ買い替えることにしました。

続きを読む

サドル沼の終焉〜Selle SMP Compositを買いました

selle smp compositトップ

長い長い旅が、ようやく終わったのかもしれません。

先日100km程度のロングライドイベントに出た際、終始尻と陰部が痛く、いったいなんでこんな拷問みたいなことをしているんだろう…と思い、本腰を入れてサドルを探すことにしました。

そこで目をつけたのが、今までその特異な形状で敬遠し候補にも入れていなかった、イタリアのSelle SMP(セラ・エスエムピー)。

その評判はネットのレビューでも真っ二つに分かれており、「サドルが消える」「もう他のサドルには戻れない」「安楽椅子」という圧倒的な高評価の声と、「地獄の拷問器具」「三角木馬」「ケツがもげる」などと、酷評されているのも多いのです。

天国と地獄、果たしてどちらなのか?今回は、実際にレンタルサドルで自分に合うものを探すところからはじめました。

続きを読む

【DJデミオ】夏タイヤをダンロップ ルマン5に履き替えました

ルマン5トップ

3年前に新車購入したDJデミオは先日初回車検を無事終え、気温も上がって遠くに出かける頻度も増えてきました。

走行距離は間もなく40,000kmを迎えようというところです。いくらウィンターシーズンは冬タイヤを履いているとはいえ、流石にそろそろサマータイヤの交換を意識していました。

純正装着タイヤのTOYO・プロクセスR39は決して悪いタイヤではないのですが、やはりターゲット地域が欧州のためか、日本では出せないような速度(超高速域)での安定性を重視する設計になっており、日本の道路事情と必ずしも合致していない気がしています。

特に気になるのはロードノイズで、中〜高速域(60〜100km/h)での車内騒音はかなり大きく感じます。ウェット走行はさらにひどく、先日、雨の中を函館まで往復400km高速道路をした際は、助手席との会話すら声を少し張らなければならず、非常に疲れました。

そこで今回は、デミオに装着するコンフォートタイヤの選定を行い、その中から選択した、ダンロップの2017年発売の新型「ル・マン5(LE MANS V)」を装着しましたのでレビューを行いたいと思います。

続きを読む