梅雨時の車載に超便利!「自立して」「逆に開く」傘、REMAX ワンタッチ逆カサレビュー

REMAXワンタッチ逆カサ

これからの時期、雨の日も増えてきて、車通勤といえども、傘が必要になってくることが多くなってきました。

雨脚が強いときだと、意外と車から建物の間の僅かな移動でもビショビショになってしまうこともあります。

そんなとき、折りたたみ傘は便利ですけど、畳むのが面倒ですし、なにより傘径が小さく、風にも弱いため、あまり常用には向きませんよね。

そこで今回、車載に便利な「逆に開いて」「自立もする」という、REMAXの製品「ワンタッチ逆カサ」を入手しましたのでレビューしていこうと思います。

開封の儀

REMAXワンタッチ逆カサ箱1

長傘がちゃんとしたダンボールにはいっている姿というのもなかなかお目にかかれるものではないですが、商品の保護という観点から見ればありがたいところですね。

 

ワンタッチ逆カサ2

箱の裏には家電製品のごとくスペックが書いてあります。

傘の開いたときの最大直径は110cm、傘の高さは60cmもあり、一人が入る分には十分な大きさでしょう。

仕舞い寸法は77cm、重さは500g、骨組みの数は8本と、普通の傘と同じような構造です。

 

 

ワンタッチ逆カサレビュー

ワンタッチ逆カサ1

取り出したるはなんだか傘の常識が壊れるようなビジュアルの傘。

持ち手があるべき場所が、今までのコンベンショナルな傘とは逆の位置にあるんですね。

 

ワンタッチ逆カサ2

留め具を外して開いてみたところ。

ちょっと分かりにくいですが、この時点で傘が文字通り「自立」します。

車に乗り込む時、降りる時や、傘を持って入った建物の中なんかで両手を使いたいときなんかに、すぐに立てて置いておけるのは、大きなメリットではないでしょうか。

 

ワンタッチ逆カサ4

持ち手についている、赤いスイッチ部分を押すとワンタッチでオープンできます。

赤い部分の上にある、黒い樹脂パーツが上に上がっていくことで逆向きに閉じている傘が下に向かって開くようになっており、その動作もとてもユニーク。

 

ワンタッチ逆カサ3

傘を開いた状態。

開いてしまえば見た目は普通の傘と同じですが、なんといっても開く時・閉じる時の動作が普通と違う(普通の傘は下から上に向かって開くが、このワンタッチ逆カサは上から降りてくるように開く)ため、車から降りる時なんかには、ちょっとドアの隙間から手を出して、高めに掲げてボタンを押すだけで 、簡単に車のドア付近を覆って展開することが出来ます。超便利。

 

ワンタッチ逆カサ5

傘は一旦開いてしまうとどこからどう見ても普通の傘と同じにしか見えないので、周りから浮くこともありません。

傘の外側のカラーは、レッド・イエロー・シルバーの3色展開。

目立つ原色系の色なので、夜間でも他車からすぐに存在が分かりやすいのも嬉しいですね。

 

ワンタッチ逆カサ6

この傘が、従来のトラディショナルな傘と異なるところが、もう一点あります。

それは「傘布がオモテとウラで2重構造になっている」ところ。

なので、内側の骨組も見えませんし、万が一のダメージなどにも強いという利点があります。

内側の傘布はどのカラーでも黒ですが、透けにくい上ツートンなどでオシャレ感がありますね。

2重構造の欠点として、傘布の間の通気性が悪くカビる可能性が…という点についてもこの傘はしっかりと対策がされており、内側の傘布に細かいベンチレーションが空いています。それもただ均一に穴を並べるのではなく、デザイン性にもこだわっているのがニクい!

 

REMAXワンタッチ逆カサ7

個人的な逆向きの傘の最大のメリットとして、「閉じた時、傘の内側の面が外を向く」というのがあり、特に車載で使うことの多い自分にとっては一番嬉しい点です。

これはつまり、雨で濡れた面が、車の内装やシートなどに当たらないということで、今までの傘との大きな違いです。

なので、車に乗り込む前に、傘についた雨水を飛ばすために狭いところで雨に濡れながらバッサバッサやる必要もないし、使用後でもシートの濡れなどを気にせず車の中に置くことが出来るということです。これってかなり革新的じゃないですか?

 

ただ、雨に濡れた後は、閉じた状態で内側の面がに水滴が付き下に落ちるため、ちょっとした対策は必要かな、と思います。

 

傘の車載方法

そこで私は、シートのヘッドレストにつけるタイプの傘ホルダーと、水や汚れに強いゴム製で立体成型タイプのフロアマットを使っています。これだと、下に落ちた雨水がファブリック製のフロアマットを汚すこともありませんし、使わない時には気にならず、使いたいときにすぐに取り出すことが可能です。

 

 

テレビ東京系で紹介されていました

www.tv-tokyo.co.jp

私も大変便利に使っているこの「逆カサ」、なんとテレビ東京系のニュース番組「ゆうがたサテライト」の中の新商品を紹介する番組コーナー「初だしっ!」で紹介されていました。

アナウンサーの方が、実際に逆カサの開き方などを試していますので、どのような動きなのかが分かりやすくなっています。

まとめ

私のように通勤で毎日のように車を使う場合、雨の日はどんなに気を付けていても今までの傘ではシートなどが濡れてしまいますし、乗り降りの際にも自分が濡れてしまいます。

一見するとキワモノにも感じられる「REMAX ワンタッチ逆カサ」ですが、いざ実際に使ってみると、今までの伝統的な形の傘で感じていた、上記のような弱点がほとんどなくなっており、とても便利な商品であることがわかりました。

さらにワンタッチで開く点、傘布2重構造でデザイン的にも優れている点など、逆向きに開くという部分以外にも、普通の傘と比べて優れている部分が多いです。

これからの時期、雨の日が増えていきますが、この傘があれば憂鬱さも吹き飛びそうですね。