読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SIRUI K-20Xアルカスイス互換雲台とCARRY SPEEDストラップで三脚撮影を更に便利に!

K-20X CARRY SPEEDシステム

以前購入した速射ストラップ「CARRY SPEED PRIME FS-SLIM MARK III」、相変わらず愛用しています。

 ただ一つ、三脚座にマウントプレートを取り付けるタイプのストラップの問題点として、「クイックシュータイプの雲台への取り付けが面倒」がありました。

このCARRY SPEEDの場合も、普段はストラップの脱着も楽なのですが、いざベルボンの3way雲台を使用しようと思うとヘックスレンチでマウントプレートを取り外し、ベルボンのクイックシューを取り付けるというかなり時間の掛かる2手間があり、ボトルネックになっていました。

そこで今回、CARRY SPEEDのマウントプレートがアルカスイスタイプであることから、SIRUIのアルカスイス互換自由雲台「K-20X」を購入し、CARRY SPEEDの撮影システムを構築したのでレビューします。

SIRUI K-20X購入

SIRUI(シルイ)は中国の三脚メーカーで、同じ中国のBENRO(ベンロ)やSUNWAYFOTO(サンウェイフォト)などと並び高品質なカメラアクセサリーを製造しています。

私も以前までは中国製ということで敬遠していたのですが、実際に店頭で触ってみると思っていたよりずっとレベルが高く、いよいよ中国製の精密機械もここまで来たか、と感慨にふけった記憶があります。

また、ベンロの中国本社工場見学の記事がデジカメWatchに上がっていますので、読んでいただくと加工技術の高さが伺えると思います。

上記三社はAmazonや楽天などでも軒並み高評価ですので、安価で高精度な三脚・雲台をお求めの際は一考してみるのもアリなのではないでしょうか?

自由雲台(ボールヘッド雲台)は以前から星景撮影などで必要と考える機会が多かったので、今回は3-way雲台ではなく、そちらを購入することにしました。近いうちにアルカスイス互換タイプの3-way雲台も購入したいところです。その時はBENROで購入しますかね?

また、同クラスのBENRO B-2か、SIRUI K-20Xかで迷いましたが、見た目の好みと耐荷重のことを考えてSIRUI K-20Xを購入しました。BENRO B-2のパンロック機構はかなり捨てがたかったですが... K-20Xの見た目にヤラれてしまいました。

 

 

到着・開封

K-20X外箱

国内正規代理店品を12000円程度でAmazonにて購入。箱に高級感があり驚きました。てっきりビニール袋にでも入ってくるのかと思っていたので。

内容物

箱の中身。雲台が入っているのはウェットスーツ素材(ネオプレン)の袋で、普通にカメラアクセサリーを入れて使えそうなレベルです。右には三脚座に取り付けるためのUNC3/8ネジと説明書、製品保証書、ヘックスレンチなど。

取扱説明書

取扱説明書は日本の代理店が作成しているのでしょうか、図解入りで日本語に特に問題はありません。

自由雲台1

袋から取り出した自由雲台。金属の加工精度も上々です。

アルカスイスタイプのクイックシューが付属していますが、今回は使いません。

自由雲台2

クイックシューの締め付けネジとボールヘッドの固定ネジ。この差し色のメタリックブルーが気に入って購入に至りました。

説明書にあるネジの0位置調整がやや分かりにくかったですが、ネジの精度も問題なく、0位置でカメラが無くてもお辞儀する状態から段階的に締まっていき、最大トルクで締め付けた場合はまったく動かなくなり、かなりの耐荷重が期待できます。

 

三脚に取り付け

 

 

三脚に取り付け

ベルボンのシェルパ645に取り付け。三脚座に取り付けるため、前もってUNC1/4からUNC3/8に変換するネジを購入していたのですが、いざ3-way雲台を外してみると、ベルボンの三脚はネジの上下を入れ替えることでどちらにも対応できるタイプなので不要でした...

 

CARRY SPEED速射ストラップシステムとの統合

CARRY SPEEDストラップ無し

CARRY SPEEDのシュープレートを付けたまま、雲台に取り付けました。

当然ですがストラップ取り付け部(金属製のボール部)との干渉がしません。

SIRUI製のアルカスイス互換シューより長さが若干短くなるため、左右位置の調整も多少余裕があります。ただし、純正シューにある脱落防止用ピンは使用できなくなるので注意が必要です。

K-20X CARRY SPEEDシステム

ストラップを付けたまま三脚につけてみました。ストラップを外すのはワンタッチなので長時間撮影の場合などは外して、一時的に三脚が必要になった場合などはストラップを付けたまま、といった柔軟な使い方ができるようになりました。

なにより、シューの交換が必要なくなったというメリットが一番大きいですが、ストラップシステムと三脚の相互アクセス性が高くなり、出先での撮影システム運用が捗りそうです。

アルカスイス互換雲台、CARRY SPEED速射ストラップを購入された方は絶対にオススメのアクセサリーですよ!