読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルメスと同じ革を使った高級iPhoneケース「BONAVENTURA ボナベンチュラ」を買ってみた

iPhone 6 Plusに着けていたTPU(熱可塑性ポリウレタン)素材のケースが購入後1年経ち、透明だった色が黄ばんだり、あちこち傷ついたりでみすぼらしくなってしまったので、新しいケースを購入しました。

その名も「BONAVENTURA(ボナベンチュラ) iPhone 6 Plusケース」。

定価16,200円という、ケースとしてはありえないような価格ですが、その値段に見合った納得のクオリティでした。以下開封レビュー。

箱が完全にブランド品のソレ

今回はAmazonで購入。カラーは8種類ありましたが、好きな色であるネイビー(紺)を選択。

ちなみにiPhone 6 Plus用とありますが、その次のモデルである、6s Plusにも問題なく使えるようです。

 

f:id:holy-jolly:20151122220847j:plain

届いた外箱が上の写真。ケースなのにめちゃくちゃ大きい...

長辺が30cmくらいあります。何が入っているんだ...

 

f:id:holy-jolly:20151122220848j:plain

使用されている革は、ドイツ製の牛革。「トゴ」と呼ばれる雄の子牛の革で、エルメスのバーキンにも使用されている、形崩れが少なく傷に強いという、非常に耐久性の高い本革。

またボナベンチュラiPhoneケースには、もうひとつ展開ラインがあり、そちらはイタリアの「ミネルバ・ボックス」という牛革です。

価格はトゴよりも2000円程度安価ですが、革本来の表情を残して手染めするため、耐久性はあまり高くないようです。

ソフトで牛革独特の模様を求める場合には「ミネルバ・ボックス」でも良さそうですが、スマートフォンケースとしての用途を考えれば、トゴのほうが向いていると思いました。

 

f:id:holy-jolly:20151122220849j:plain

更に黒いカバーを外すと、真っ赤な化粧箱が。紙なのでしょうけど、サラサラしてて明らかに良い素材の紙です。

開封の儀

 

 

f:id:holy-jolly:20151122220850j:plain

うわぁ... たかだかiPhoneケースの化粧箱に、スエード調生地まで使ってます。

辺りにふわっと、新しい革の香りがただよいます。箱だけで2、3000円はかかってそうな勢い。

 

f:id:holy-jolly:20151122220851j:plain

ギャランティカードと、特殊印刷で文字が盛り上がった説明文。

 

f:id:holy-jolly:20151122220852j:plain

iPhoneをホールドするケース部分は防弾ガラスなどに使われているポリカーボネート(PC)に窒化チタン(TiN)コーティング。耐久性は高そうです。

 

 

f:id:holy-jolly:20151122220855j:plain

ケース部分の黒いシールは、そのまま貼り付けられた状態で使用するようです。

カード収納は4枚。財布のように、しっかりと切れ込みまで入れてあるのがニクいですね。マルチポケットも2箇所ついています。レシートや映画の半券なんかを入れておくのに便利です。

 

f:id:holy-jolly:20151122220854j:plain

f:id:holy-jolly:20151122220853j:plain

また、紺のレザーに白いステッチというのが、おしゃれでいいですね。カメラ部分はフラッシュまで入るサイズで楕円形に切り取られています。

革の触り心地はとても上質。しなやかです。ずっと触っていたくなるような、上質な革を使っていると思います。

 

装着してみた

 

 

f:id:holy-jolly:20151122220856j:plain

手持ちのiPhone 6 Plusを装着してみました。ケースのホールド形状がかなり緩そうな形をしていたので、脱落しないか心配でしたが、加工精度が高いようで、全く隙間なくピッタリと入りました。使用中に外れる心配はまずなさそうです。

また、こういったタイプのケースは、ガラス面の横まで固定するために、操作時に指がケースの端にぶつかるタイプが多いのですが、このケースはそういったこともなく、画面端の操作も快適です。とてもよく考えて作られています。

 

f:id:holy-jolly:20151122220857j:plain

カメラ側、裏面。

iPhoneがゴールドなので、ブラウンもいいかなあ、と考えましたが、ほとんどiPhoneのカラーは見えないので、iPhoneの表面の色だけ考えればいいですね。

また、繰り抜いてある部分をみると、けっこう革が厚いのですが、カメラに映りこむこともありませんでした。

 

f:id:holy-jolly:20151122220858j:plain

横から。コバ(革の端)部分の処理も非常に綺麗で、手間が掛かっていることがわかります。

また、ロックボタン部分はちょうど親指の幅くらいに開けられているので、押すのに難儀することはないです。

ちなみにケースの蓋側にはマグネットは入っていないので、パカパカします。カードを入れることを考えれば、磁石がないほうが私はいいんですけどね。

1ヶ月使った感想

購入したのはおおよそ1ヶ月前ですが、それまでのケースと同じように普通にズボンのポケットに入れたりして特に配慮せず使っていました。

しかし、革に傷がつくだとか、カーブ部分の形が崩れたりということはありませんでした。シボも潰れること無くきれいな状態を保っています。どうやら本当にトゴを使っているようですね。

ただ、ケースと革をくっつけている接着剤が少し弱いようで、裏面左下などのよくポケットなどに入れるときにぶつかる部分が剥がれてきます。こちらは革にも使える強力な瞬間接着剤で補強しました。

1年後くらいにiPhone 7が出たら、よっぽどのことがない限りは購入すると思うんですが、それまでは愛着を持って使えそうです。 

価格は高いですが、iPhoneケースではなく、一つの革製品として考えればお買い得に感じました。もちろん手帳型ケースとしても、性能に妥協はありません。

iPhone 6/s plusだけでなく、各サイズが出ていますので、こだわりのケースをお探しの方は是非お試しください。後悔はしないと思います。 

 

3ヶ月使って(2016年3月追記)

誤って手が滑って、ケースを落としてしまい、iPhoneを固定するポリカーボネートのケース部分が一部欠けてしまったために修理にだしました。

ポリカーボネート部分の交換を依頼し、工賃・部品代は1,000円と良心的価格でした。

一週間ほどで綺麗になって戻ってきており、現在も愛用しています。

 

iPhone 7、iPhone 7 Plus用のBONAVENTURAケースも登場しました!

カラーは変わらず8色展開のようです。7Plusのダブルレンズにもしっかりと対応しており、安心して使用できそうな商品に仕上がっていますね。