読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X El Capitanのログイン画面背景を好きな画像に変更する方法

Mac OS X El Capitanのログイン画面背景を好きな画像に変更

OnyXがEl Capitanにようやく対応したので喜び勇んで色々弄ってたら、ログイン画面が黒一色になってしまったので、自分で直すついでに画像を差し替えることにしました。

画像さえあれば1分で出来るので是非。

f:id:holy-jolly:20151119111518j:plain

上の画像がEl Capitanのデフォルト状態ですね。夕焼けのエルキャピタンの画像に、うっすらとブラーがかかっています。

どうでもいいですけどエルキャピタンはヨセミテ国立公園の中にある1枚岩だったんですね。ということはOSX 10.12はどうするんでしょうか。ヨセミテ国立公園の中の名所を継ぐのか、それとも別のイエローストーン国立公園にでもなるのかな?

今回はこのブラーががった画像を変更していきます。

設定方法

 

 

f:id:holy-jolly:20151119113432p:plain

システムの一番上の階層(HDDまたはSSDのドライブフォルダ)→ライブラリ→Cachesの中に、ログイン画面の画像ファイルがあります。

f:id:holy-jolly:20151119113431p:plain

"com.apple.desktop.adimin.png"というファイルネームの画像がそれです。

すでに変更したい画像を用意している場合は、デフォルトのpngファイルを消すか、もしまた使う可能性があればリネームしてバックアップした後、変更したい画像を"com.apple.desktop.adimin.png"にリネームして置き換えます。

この時ファイル形式は必ずpng形式にしてください。また、画面解像度と同じ大きさで作成することをおすすめします(15インチのRetinaディスプレイの場合は2,880 x 1,800ピクセル、13インチRetinaディスプレイの場合は2,560 x 1,600ピクセル)。

標準の壁紙を使う

f:id:holy-jolly:20151119120446p:plain

 

また、OSXにプリインストールされている壁紙を使用することも出来ます。サイズはピッタリですが、形式がjpegなのでプレビューアプリなどで変更しましょう。

(2016年12月4日追記)

jpeg画像をpng画像に変換する場合、プレビューアプリを使用すると、PNGファイルが拡張子のない状態で書き出され、ログイン画面での設定もうまくいかないようです。

その場合は、PhotoshopやGimpなどの画像編集ソフトなどでPNG形式に書き出して設定してみて下さい。

 

フォルダのアドレスは、Cachesと同じライブラリフォルダに"Desktop Pictures"という名前で置いてあると思います。

こんな感じになります

f:id:holy-jolly:20151119113429p:plain

Desktop Picturesのなかに入っていた"El Capitan 2"という画像に変更してみました。

ブラーも無くなったのでクッキリし、画面が締まりましたね。

ボタンの位置やパスワードフォームの位置などは一定なので、背景画像を工夫すれば面白い壁紙も作れそうです。

ちなみに、Yosemiteまではログイン画面のスクリーンショットは撮れなかったのですが、現在は通常時と同じように、Shift+⌘+3キーでスクリーンショットを撮影できるようになりました。