【2017年版】Amazonで今まで使った金額を調べて自分の罪を知ろう!

f:id:holy-jolly:20151118153303j:plain

Amazon.co.jp、便利ですよね。

特に私みたいな地方民だと、遠出しないと買えないものもすぐ届くのでかなりの頻度で使っています。最初にAmazonで何かを買ったのが2004年の1月、もう13年も前のことです。

その時は風の谷のナウシカの原作漫画7巻セットを買っていました。今でも家にあり、たまに手にとって読み始めると最後まで止まりません。まさに怒りで我を忘れた王蟲のようです。

 

さてそのAmazon、今ではあまりに頻繁に使いすぎて、配送のヤマト運輸の担当ドライバーさんも何も言わずに午後6時以降の在宅時間帯に持ってきてくれます。

そんな時ふと、今まで幾らAmazonで使ったのだろう、と思い、Scriptを使って調べてみました。

2017年2月追記(動作報告)

文中のGitHubのScriptを使って、2017年現在でも問題なく動作することを確認しています。

ちなみに前回2015年末時点では総額86万円でしたが、2017年初頭の今は107万円を超えていました… ペースが上がっている…

まずは注文履歴へ

f:id:holy-jolly:20151118152725p:plain

兎にも角にもAmazonのアカウントサービスから注文履歴へ移動しましょう。

ちなみに今回の方法はスマートフォンからは(多分)出来ませんので、パソコンを使ってください。私の環境はGoogle Chrome 64bit 安定版の最新バージョンです。

デベロッパーツールを起動

f:id:holy-jolly:20151118152726p:plain

Chromeには開発ツールがデフォルトで付属しています。

様々なユーザーエージェントで表示を試したり、ページ要素を調べたりできる便利なツールです。

(ショートカットキーを使用する場合、WindowsはF12キー、Macは⌥+⌘+Iで起動)

f:id:holy-jolly:20151118152727p:plain

開発ツールが開いたら、右上にあるタブからConsoleを選択します。

このとき開発画面の表示が、スマートフォンビューなどになっていると正しく動作しません。ページ上段左のリストボックスで「Laptop with HiDPI Screen」を選択していることを確認してください。

GitHubからスクリプトをコピー

 

偉大な先人は購入総額を計算するスクリプトを書いています。

koyoproさんのGitHub Gist「Amazonで一年間に使った金額と、注文履歴のTSVを出力するブックマークレット【2015年版】」からスクリプトをコピーします(2015年版とありますが2017年でも動作することを確認済みです)。

f:id:holy-jolly:20151118152728p:plain

まず右上のRawボタンで開きます。

f:id:holy-jolly:20151118152729p:plain

スクリプトを全選択し、コピー(上の//で始まる文字もコピーして問題ありません)。

 

 

スクリプト実行

f:id:holy-jolly:20151118152730p:plain

先ほど開いたコンソールのフォーム内にペーストし、エンターで実行します。

進入禁止のような赤く網掛けされたエラーログが出ることが有りますが、もう一度ペースト・実行で走ると思います。

 

f:id:holy-jolly:20151118152731p:plain

エンターを押すと、左の購入履歴画面にポップアップでウインドウが出てきます。

各年毎の購入総額を調べたい場合は半角数字4桁で西暦を(例「2015」)、

Amazonで今のアカウントを作成してからの累計金額を調べたい場合は「all」を入力します。

 

f:id:holy-jolly:20151118152732p:plain

上の画面になれば無事にスクリプトは実行されています。少し待ちましょう。

allの場合は結構時間がかかります。私の場合、最古の使用履歴2004年から11年分集計し、2、3分かかりました。

自分の罪を知る

f:id:holy-jolly:20151118152733p:plain

( Д ) ゜ ゜

600ccの大型バイクが新車で買えますね。

 

f:id:holy-jolly:20170227165417j:plain

ちなみに2017年2月に再計測しました。なんと罪深い…

 

f:id:holy-jolly:20151118152734p:plain

ちなみに今回使ったスクリプトはTSV形式で出力するタイプなので、Chromeでポップアップブロックをしていない限りは検索した履歴が上のような書式で出てきます。

タブ区切りなので、煮るもよし焼くもよし。

 

 

さらにデータを分析したら、生活まで見えてくる

各年毎の金額を集計し、またその年の注文回数を調べてまとめました。

ちなみに「注文した商品の個数」ではなく、「注文の回数」です。ですから、一回の注文で10商品頼んだ場合でも1回でカウントされています。

f:id:holy-jolly:20151118152735p:plain

f:id:holy-jolly:20151118152736p:plain

2008年とか2009年は、注文回数に比べて金額が大きいですね。何を買ってたんだろうと履歴を見たら、2008年は引っ越しをしたので椅子・テーブル・じゅうたんなどの家具を、2009年はXbox360を買っていました。

2011年からは3年間ほど、大きく金額が落ち込んでいますが、これは私が札幌に住んでいた時期です。

ヨドバシカメラ・ビックカメラなどの大型家電量販店、紀伊國屋書店・三省堂書店・コーチャンフォーなどの大型書店にすぐに行けたので、家電類・書籍類などをあまりAmazonで買わなくなったんですね。

その後、転職に伴い地方に引っ越した2014年からは、タガが外れたようにAmazonで買い物をしまくっています。2015年(今年)なんか、あと1ヶ月半残ってるのに、すでに使った金額は2014年を抜き、回数に至っては10回以上多く使用しています。

とまあ、こんな風にいつ何があったのか、ということまで買い物の履歴から読み取れてしまうんですね。恐ろしい。

でも自重しない

現実は見ました、だけどAmazonを使うのはやめません。Amazonで買うものって低価格商品ばっかりだし(と言いながらよつばと!13巻を予約しポチる)