iPhoneのホームボタンをAndroidライクに3ボタン化する超便利な保護ガラスを購入

f:id:holy-jolly:20151102005431j:plain

先日iPhone6 Plusの画面を割りました。手帳型カバーをして保護ガラスフィルムを貼った状態で50cmくらいの高さから地面に落として。(はよ、サファイアガラス実装はよ)

ガラスフィルムが落下衝撃に弱いのはまだしも本体のガラスまで一緒に割れるとは...とかなり凹んだのですが、凹んだところでどうにもならないので本日アップルストアで修理してきました。

Apple・キャリアともに本体の補償サービスには入っていないので修理費用は14800円+税、Plusなのでもう少し高いと思っていましたがS Plusが出たことで少し安くなったみたいですね。

Apple Store Appで予約、当日店舗でチェックイン、名前を呼ばれてiPhoneを預けて、修理時間は2時間。割れたガラスフィルムの代りを探しにヨドバシカメラに行った折、興味深いガラスフィルムを見つけました。

購入

 

なお、最初はガラスフィルムではなく耐衝撃性のあるフィルムを買う予定だったのですが(ちなみに↓コレ) 

iPhoneを預けているので、商品のレビューを検索できず、いまいち決め手にかけていたところで下の写真の商品を見つけてしまったのでした。

ちなみに帰ってきてエレコムのガラスライクフィルムのレビューを見て本当にこっちを買わなくてよかった...と心から思いました。散々な商品のようで。

f:id:holy-jolly:20151102005434j:plain

札幌ヨドバシのiPhoneアクセサリーコーナーはかなり充実していて、ガラスフィルムだけでもPlus用で100製品以上あるのですが、その中でもかなり浮いていたコレ。

「TRUE GLASS+ SMART TOUCH for iPhone 6 Plus」

裏面の左下がシールで隠れていてどこの国のどのメーカーかも分からないし、輸入品に代理店がシールで日本語表記を追加してるだけなのがわかりやすすぎるし、その割にいっちょ前な値段... ただタッチエリア追加が気になって仕方がない...

f:id:holy-jolly:20151102005433j:plain

(家で裏面のシールを剥がしたところ、VIPO Internationalという香港のメーカーでした。もちろんMade in China)

 

 

使用感

かなりギャンブル的な購入でしたが、結論から言えば「大当たり!」でした。

iPhone 6 Plusは画面がでかいので、片手操作をする際、上部ボタンを押すときは一旦持つ位置を替える必要がありました。

それを見込んでAppleもReachability(簡易アクセス)という、ホームボタンをダブルタップすることで画面が半分下に降りてきて上部のタッチができる...というかなり苦しい機能をつけたのですが、正直全く使わないんですね。というのも、タップ2回している暇があるなら持ち替えたほうがまだ速いから。

これに対し、このフィルムを貼ると、画面上部左右の「戻る」とか「完了」が表示される部分に対してホームボタン左右の領域が対応し、画面上部へのアクセシビリティが大幅に向上するのです。

アプリによってはレスポンスエリアが表示領域とずれて使えないものもありますが、Appleのアプリはほとんど対応しています。

例えば、Safariでは左タッチは「アドレスバー選択(お気に入り画面呼び出し)」右タッチが「更新/読み込み停止(長押しでユーザーエージェント変更)」、メッセージは「編集」「新規メッセージ作成」、ツイッタークライアントTweetBotなら「アカウント変更」「新規ツイート」など、割りとよく使うボタンを手元のタッチで操作できるようになるのはかなり快適です。

ガラス厚はおそらく0.3mm前後で、エッジはしっかりラウンド加工されています。

他に製品の謳う特徴として(箱の英文より)

・400度で4時間焼入れしたテンパード・グラス(硬質強化ガラス)

・モース硬度9H

・50%耐衝撃性向上、20%防汚コート(何に対してかは不明)

・外部からの衝撃を分散

などが書いてあり、まあテンパード・ガラスであることを信じれば耐衝撃性能にも期待はできそう。タッチ・スライドは安いガラスフィルムよりずっと滑らかです。

 

レスポンスエリアもしっかり研究されているようで、ホーム画面で反応領域を誤タッチしても勝手にアプリが起動されることはありません。

f:id:holy-jolly:20151102005432j:plain

内容物はよくある感じですね。アルコールパッド、クリーナー、ダストリムーバー、ガラスフィルム。

ガラスの左右幅は液晶サイズにピッタリです。私は貼るときに気づかず左に1ドット分ほどずれてしまいましたが... 

 

どういう仕組でタッチの信号を伝えているのかいまいちよく分かりませんが、貼る前にガラスフィルムを観察したところレスポンスエリアにほんの僅かですが色の変わった部分があり、ガラスのエッジまで極々細いラインがついていたのでそこで伝達しているのでしょうかね。

 

Amazonには同じ商品はありませんでしたが、ヨドバシ・ドット・コムでは売ってました(6/6 S, 6 Plus/6 S Plus向け)。

Amazonにも同じようなタッチエリア追加を謳う製品は売っていますね。

ただ、上のSTEALS BUTTON GLASSは横幅がやや小さいようなので、別製品でしょうか。下のWARP GLASSは反応領域にドットが追加されているようで、わかりやすくていいかもしれませんね。

 

デカ画面は色々と捗る、だけど操作性が悪い、けどもう小さい画面には戻りたくないという二律背反を解決しユーザビリティを向上するこの保護ガラスフィルム、おすすめです。