読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒューレット・パッカード(hp) f520g ドライブレコーダーを取り付け・レビュー

f:id:holy-jolly:20150503135032j:plain

ドライブレコーダー導入の理由

車を買ったらドライブレコーダーはすぐにでも付けよう、と考えていましたので、ドライブレコーダーはすぐに購入しました。

購入候補だったのがサイクルコンピュータやGPSナビで有名なGARMIN(ガーミン)のGDR45Jというハイエンドモデルだったのですが、価格が高いのとデザインが武骨であまり好みではなかったことで手が出ないでいました。

そんなとき、Amazonで目ぼしいドラレコを探していると、「HP」の文字が。

パソコン関係に明るい方はすぐにピンとくると思いますが「ヒューレット・パッカード」です。

↓後継機も出ました

それまでHPがドラレコを作っているのは全く知らなかったのでびっくりしましたが、デザインも良く、価格も手頃、なによりカメラ性能が抜群によかったこと、決め手としてHPブランドだったことで気づいたらポチってました(笑)

HP f520gの仕様・スペック

HP f520gの主な性能として

・水平視野角156°(!)F1.8

・400万画素 1/3inch CMOS

・45fps対応(西日本の60HzLED信号でのちらつき・消失防止)

・GPS内蔵・3軸ジャイロセンサー

・モーションセンサーで駐車中自動録画

・速度標識認識・警告

・レーン逸脱警報

など、ガーミンの上位機種に搭載されている機能はほぼ付いていますし、なにより視野角がめちゃくちゃワイド。左右のフロントガラスが全部収まるどころかAピラーまで映るような画角です。

 

開封の儀

 

 

f:id:holy-jolly:20150405134943j:plain

パッケージはドライブレコーダーというよりかはデジタルガジェットっぽい感じですね。

もっと中国製っぽい、しょぼい外箱かと思ってただけに意外としっかりしている印象を受けました。

f:id:holy-jolly:20150405135042j:plain

取扱説明書は分厚いですが多言語対応なので、日本語のページはほんのちょっとです。

いまいち機能などの解説が足りない気がします。使って覚えろということですね。

デザインは個人的にかなり好みです。ドライブレコーダーにありがちな、安っぽい感じは全くありません。

 

取り付け

 

 

f:id:holy-jolly:20150503135229j:plain

ルームミラー左、衝突被害軽減ブレーキ用レーダーなどが入っている樹脂部のすぐ横に取り付けました。付属の吸盤とブラケットはかなりしっかりしています。今日現在で取り付けから1ヶ月近く経っていますが一度も落下していません。

配線は天井内装の隙間を通ってサイドのウェザーストリップの下をくぐらせ、そこから助手席側ヒューズボックスからアクセサリー電源を取り出して、見えないようにしています。

作業自体は30分程度。特別な工具も必要ないのでカー用品店に高い工賃を払うよりかは自分で行うことをお勧めします。

f:id:holy-jolly:20150503135600j:plain

運転席から見たときはこんな感じです。ルームミラーの陰に隠れるので運転中意識がそちらに飛ぶことはありません。

設定でモニターの表示(常時ON, 3分後OFF, 常時OFF)も切り替えられるので、パッセンジャーに座っている場合もそこまで気になるものではないでしょう。

f:id:holy-jolly:20150503135955j:plain

車外から見るとこんな感じ。グロッシーな見た目でなかなか気に入っています。

 

サンプル動画

 

両方とも同日に撮影、路面状況は降雨後のウェット路面。

上が超広角のUWFHD(Ultra Wide fullHD)、下が一般的なFullHD。

どちらも30fps(50Hz地域なので信号のちらつきはなし)。


【2560 x 1080】HP f520g ドライブレコーダー 夜間・ウェット路面 超広角156 ...


【FullHD】HP f520g ドライブレコーダー 夜間・ウエット路面 30fps - YouTube

 

こうしてみるとやはり超広角での視野が半端なく広いのがわかりますね。

設定でいつでも変えられるのですが、ずっと超広角で録画しています。交差点などで真横から来る車両や歩行者・自転車もかなり早い段階から視野に入るため、もしもの備えとしては万全です。

実際の事故時のGセンサーによる緊急録画時のプロテクトなんかはまだわかりませんが、通常時録画でこのクオリティなら問題ないでしょう。動画は3分おきか5分おきのスプリットを選択できます。動画間のギャップは今まで確認したものでは0でした。

 

UWFHDだと3分録画の1ファイルあたり150MB程度になり、32GBのmicroSDカードがあっという間にいっぱいになって古いものから上書きされていきますが、事故対策なので特に問題なし。

車載動画として使う場合はFullHDで「景色撮影モード」にすればかなり綺麗に撮れると思います。こちらはそのうちどこかに行った際に撮影しアップしようと思います。

 

まとめ

ちゃちい製品が多く玉石混淆のドライブレコーダー業界のなかでは、かなり優れた製品なのではないかと思います。

まず水平視野が既製品のなかでは最大レベル。ガーミンのGDR190は前方デュアルカメラで200度の水平視野がありますが、シングルカメラでこの視野角はすごい。周辺光量もそれなりに確保できており、歪みも少ないと思います。

また、レンズが明るいので夜間の撮影もノイジーにならずなめらかです。ワイドダイナミックレンジ処理のおかげによるところも大きいとは思いますが。

モーションセンサーの自動駐車時録画は、設定してはいますが正直言ってよくわかってないです(笑)。どの程度で反応するのかも近いうちに調べてみようと思っています。

あとこのドライブレコーダーを見た人が「HPってドライブレコーダーなんか作ってたの!?」と驚くのをみるのがなかなか楽しいですよ。