とても分かりにくかったワイモバイル Nexus・Android5.0のMMSアプリまとめ

f:id:holy-jolly:20150716105324j:plain

完全版を書きました(追記)

最新のバージョンのメールアプリ5種類を改めて比較検討した記事を書きました。

よろしければこちらもご覧になってください。

この記事の目的

家族がY!MobileのNexus5を使用しているのですが、@ymobile.ne.jpで終わるキャリアメール(MMS)の使い勝手が悪いらしく、しばしば相談を受けていました。

プリインストールされているメッセージアプリ「ハングアウト」の悪評は今更言うまでもありませんが、他のアプリも帯に短し襷に長しで完璧なアプリが存在しません。

簡単に各アプリの特徴を以下にまとめたので記載し、どれが最善かを解説します。

機能比較一覧表

なお、検証時点での端末の環境はY!Mobile Nexus5 32GB、Android OSは5.02(Lolipop)です。

下の表に、各アプリの機能をまとめました。

ご覧のように、全てに満足できるアプリは現時点で存在しませんが、最も使いやすいアプリを探していきたいと思います。

f:id:holy-jolly:20150123121337p:plain

 

 

各アプリ比較

ハングアウト

google純正の各種メッセージアプリ。Nexusにプリインストールされているのはこれですから、最初に使う方が多いと思います。

ただ、基本的に日本独自のMMSという形式に対して最適化されておらず、非常にとっつきにくく使いにくいです。

メインでGoogle+などを利用されている方などは悪くないかもしれませんが、MMSをメインで考えると、誰かに新規MMSを作成するのにも電話帳(コンタクト)からアドレスを引っ張ってこれないので骨が折れます。

幸い、Google PlayにはEmail to MMSというアプリが存在し、これを利用する事で比較的新規MMS作成は楽になりますが、それでも一手間かかることに変わりはありません。

他の人から来たMMSに返信する時は簡易ですが、アプリ内での改行ができない(改行ボタンを押すと送信されてしまう)ため不便です。

メッセンジャー

2014年11月にGoogleが新たに提供を開始したSMS/MMS専用アプリ。

多機能だが不親切だったハングアウトからいくつかの機能を除き、Lolipopのマテリアルデザインを取り入れたことでかなりスマートなアプリになりました。

ただそれでも新規のMMS作成はコンタクトとの連携がうまくいかず(電話番号しか選択できない)、メールアドレスをコピー&ペーストして送信するような状態。

また、いくつかの環境では送信したメールが送信元に2重配信される(1対1でメールをしているのに、「○○とほか一人」といった表示になる)というバグがあります。

無論、相手には一通のみ普通に送信できてはいるので、気にしなければいいだけのことですが...

また、MMSを送ったつもりなのにSMSで送信されているなど、SMSとMMSがごっちゃになるときがあり、余計な料金がかかります。

アプリ自体の出来はかなり良いので、バージョンアップに期待したいところです。

 

 

MMS.apk

既存アプリの改造版。所謂野良アプリというやつです。

インストールには設定で「提供元不明のアプリをインストールする」にチェックを入れている必要があります。

ダウンロードはこちら(有志製作による、dropboxにアップロードされている.apkファイルです。Androidからアクセスすることでそのままインストールできます)

アプリのUIはあまり綺麗ではありませんが、一通りの機能は備えています。

ただ、ハングアウトと同様に改行ができないのが意外と苦痛です。

Softbankメール.apk

 

ダウンロードはこちら またはこちら(バックアップ)

 (ver3.91が最も安定しています)

【2015.6.4追記】Wi-Fi設定などの問題点が解消されたver4.1.0の紹介記事をアップしています。画像付きでapkファイルのインストール方法も併記しましたので下記リンクからご覧ください。

【2015.8.26追記】アプリのバージョン4.1.1が公開されています。マイナーアップデートですので特に留意する点はありませんから、そちらをインストールしてください。

twinklestar.hateblo.jp

現在当方の環境で安定運用中のアプリ。厳密には野良アプリではないのですが、Softbank端末専用のものを無理やりY!mobile端末に入れて使用しています。インストールには設定で「提供元不明のアプリをインストールする」にチェックを入れている必要があります。

Ver3.10.0はWi-Fi環境での送受信がどうやってもうまくいかなかったので、現在のところは3.91をインストールすることを推薦します。

これまで紹介したアプリでは全てロック画面での送信者・件名・内容表示がありましたが、このアプリの通知はメールが着信したことを知らせるのみです。

ただそれ以外の使い勝手はよく、新規MMS作成時の電話帳連携もほぼ完璧、スレッド表示と受信一覧表示の切り替えが可能など、痒いところに手が届くアプリです。

インストール後、メール移行画面のあとにWi-Fi設定画面が出ますが、これは

「あとで設定」にしておくことで、Wi-Fi接続時でもメールの送受信ができます。

また、電話番号/メールアドレスの設定欄には自分のMMSアドレスを入れておきましょう。デフォルトのSMSアプリがSoftBankメールになっているかの確認もお忘れなく。

まとめ

連絡手段として、主にキャリアメール(MMS)を使用するのであれば、SoftBank Mailの使用をお勧めします。google謹製アプリに比較して、唯一プッシュ通知に関する機能が弱いのが弱点ですが、それ以外については最も出来が良いです。

メッセンジャーも出来はいいアプリなのですが、いかんせんMMSが軽視されており、まだまだ改善の余地があります。